現代の家

住宅工法にはどんな種類があるのか!?

住宅を建てる際は、ついつい間取りやデザインに気を取られがちですが、工法も大切な要素です。ここではどんな工法があるのか、その特徴などについて説明します。新築する際の参考にしたりしていただければと思います。

現在施工されている主な住宅工法の種類と特徴について

住宅工法とは家の建てる方法のことで、工法によって素材や構造が大きく違ってきます。住宅工法にはさまざまな工法があります。

新築する際は、住宅工法の特徴を把握することが重要になります。

木造

在来工法ともいわれ古来より日本で行われてきた工法で、今も住宅の約8割が木造軸組工法で建設されています。文字通りすべて木で作られるため、日本の風土にもよく合い、気のぬくもりと優しさを感じられる工法です。近年、沖縄でも建築件数が増えてきています。

鉄筋コンクリート造

鉄筋で骨組みを作り、型枠で囲ってコンクリートを流し込んでいく工法です。型枠さえできれば、どんな設計にも対応でき、強固で耐震性に優れています。またコンクリートは火災に強く、外気や雨水などから鉄筋を守り鉄筋がさびるのを防ぐため、耐火性や耐久性にも優れています。

補強コンクリートブロック造

強度は必要とされる建物の柱や梁、天井などは鉄筋コンクリートになっており、負荷のかからない壁にコンクリートブロックを使用することにより現場での効率化、工期短縮が図れてコストパフォーマンスにも活かせる工法です。

​​想像しているデザインや間取りなど、お客様のニーズにぴったり合った空間が必ず見つかります。

富島建設のスタッフがすべてのご質問やご要望にお応えします。お気軽にお電話ください。

DJI_0030.JPG
P3260444.JPG
P3260438.JPG